読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

give IT a try

プログラミング、リモートワーク、田舎暮らし、音楽、etc.

Mac OS X 10.6(Snow Leopard)でGrowl, Guard, Spork, RSpecを連携させる場合の注意点

Ruby

時々参考にしているRailsのTutorialサイトで、何度やっても僕のマシンではうまく動かない部分がありました。


Ruby on Rails Tutorial 3.6 Advanced setup


上記のセクションではRSpecをGrowl, Guard, Sporkといったライブラリと連携させて、より軽快に開発を進める手順を紹介してくれているのですが、どうしても僕のマシンではGrowlの画面通知がうまく動きませんでした。


最初に出た警告メッセージは

Guard could not detect any of the supported notification libraries.

というものです。
ネットを調べていると、Growlnotifyというライブラリがインストールされていないのが原因だったようなので、インストールしてみました。


すると今度は警告メッセージが以下のように変わったものの、やはる画面通知がうまく動きません。

dyld: Symbol not found: _kSecRandomDefault
  Referenced from: /usr/local/bin/growlnotify
  Expected in: /System/Library/Frameworks/Security.framework/Versions/A/Security
 in /usr/local/bin/growlnotify
Guard could not detect any of the supported notification libraries.


さらに調べていると、どうやらGrowlnotifyのバージョン1.3はMac OS X 10.6(Snow Leopard)では動作しないため、バージョン1.2.2を入れる必要があるということが分かりました。
ところが、ダウンロードのページにはバージョン1.3のリンクしかありません。


バージョン1.2.2はもう入手できないのか?このマシンのOSをLionに上げなきゃいけないのか・・・??と思っていると、次の情報が見つかりました。


Snow Leopard用のGrowlNotifyをインストールする方法 - F.Ko-Jiの「一秒後は未来」


Growl 1.2.2をダウンロードするとGrowlnotifyの1.2.2も一緒に付いてくるみたいです。
というわけで、Growlnotify 1.2.2をインストールすると、ようやく僕のマシンでもGrowlの画面通知が表示されるようになりました。


ブログで書くとあっというまですが、ここに至るまでは結構四苦八苦でした・・・。
もし同じ現象で困っている方がいたら、参考にしてみてください。