読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

give IT a try

プログラミング、リモートワーク、田舎暮らし、音楽、etc.

Qiitaに「RSpecの入門とその一歩先へ ~RSpec 3バージョン~」という記事を書きました

お知らせ Ruby

お知らせ

またまたQiita記事更新のお知らせです。


今回は和田卓人さん(@t_wada)の有名なRSpec入門記事、「RSpecの入門とその一歩先へ」のRSpec 3バージョンを書きました。


RSpecの入門とその一歩先へ ~RSpec 3バージョン~ - Qiita
f:id:JunichiIto:20140717195654p:plain


この記事を書いた動機

前々から「RSpecの入門とその一歩先へ」は素晴らしい入門記事だと思っていたのですが、RubyやRSpecを取り巻く技術のアップデートが速く、だんだんと今では使わない記述が増えてきていました。
特にRSpec 3では記述方法が一段と激しく変化しています。


そこでRSpec 3バージョンを作り、今からRSpecを始めようとするみなさんのお役に立てればと考えたのがこの記事を書いた動機です。
オリジナルの和田さんバージョンに代わって、この記事が新しいRSpecのスタンダードな入門記事になればいいなあと考えています。


RSpec経験者は本文中の「【注目!】」に注目!

オリジナルの記事から記述が代わった部分は「【注目!】」の印を付けています。

f:id:JunichiIto:20140717200653p:plain:w450

今までRSpecを触ってきた方は、この印をチェックしていくとRSpecに関する最新の知識が手に入りますよ!


第2イテレーション、第3イテレーションも執筆予定です!

和田さんの記事と同様に、第2イテレーション第3イテレーションについてもRSpec 3バージョンを作成する予定です。
このQiita記事をストックしてもらうと、RSpec 3バージョン作成時に通知メールを送信させてもらいます。


お知らせ:「Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門」もRSpec 3に対応する予定です

このQiita記事では「ごく普通のRubyコード(plain old Ruby)」をRSpecでテストしましたが、Rails用のテストを書きたいという方には「Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門」がオススメです。


内容は非常に初心者向けで、「そもそもRSpec自体がよくわかってないんだよね~」という方にも打ってつけの一冊です。
対応している電子書籍のフォーマットは、PDF、EPUB、Kindleの3種類です。(紙の本はありません)


現時点ではRSpec 2.14に対応していますが、 この夏にRSpec 3対応版にアップデートする予定です。
購入者の方はどなたでも無料で最新版にアップデートすることができます。


まだ読んでないという方は、こちらもぜひどうぞ!


Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門 - Leanpub


まとめ

というわけで以上、Qiitaに投稿した「RSpecの入門とその一歩先へ ~RSpec 3バージョン~」に関するお知らせでした!