読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

give IT a try

プログラミング、リモートワーク、田舎暮らし、音楽、etc.

Everyday Rails Testing with RSpecの翻訳プロジェクトを開始しました!

2014.02.07 追記

発売しました!詳しくはこちらのエントリをご覧下さい。

 

2014.02.28追記: 正式版を公開しました。

おかげさまで無事に正式版を公開することができました。
詳しくはこちらのエントリをどうぞ。




はじめに

早いもので2013年ももうすぐ終わってしまいますね。
ほとんどの方はすでに年末年始の休暇に入っていると思いますが、いかがお過ごしでしょうか?


僕も休暇に入っているとはいえ、毎日ちょっと忙しいです。
それはなぜか?


一つ前のエントリでもちらっとお話ししましたが、最近とあるRuby関連のプロジェクトをスタートさせたからです。
そのプロジェクトとは、Everyday Rails Testing with RSpecの翻訳プロジェクト」です!


f:id:JunichiIto:20131006074951p:plain:w300


Everyday Rails Testing with RSpecって何?

Everyday Rails Testing with RSpecは、実践的なサンプルを使ってRSpecでRailsのテストを書く方法を初心者向けに易しく説明している洋書です。
また、この本は電子書籍版オンリーで、Leanpubというセルフパブリッシングサービスからのみ購入できます。


詳細については以前僕が書いた紹介エントリをご覧下さい。

 

いつ日本語版が出るの?

まだ確定はしていませんが、できれば来年(2014年)の2月中に発売したいと考えています。
現在その目標に向かって鋭意翻訳中です!


日本語版はどこで買えるの?

原本と同じく、Leanpubから発売します。
なので、紙の本の発行予定はなく、電子書籍版のみとなります。
対応フォーマットはMOBI(Kindle)、EPUB(iBooks等)、PDFの3種類です。


誰が翻訳してるの?

僕を含めて3人で翻訳しています。
他の2人は蒼い惑星さん(@blueplanet42)とAkiさん(@spring_aki)です。


蒼い惑星さんは東京で一度お会いしたことのある中国出身のプログラマです。
たまたま同じタイミングで彼もこの本を翻訳しようとしていることを知り、共同で翻訳を進めることになりました。


Akiさんは東灘.rbの主催者で、僕が主催する西脇.rbと毎月一緒に勉強会を開いているRubyコミュニティ仲間です。


翻訳をやってみた感想は?

僕はWeb記事を意訳したりしたことは何度かありますが、本の翻訳は今回初めてです。
実際にやってみるとかなり難しいですね!!


単純に直訳してしまうと全然日本語らしい日本語になりません。
なので、原文の意味や内容を損なわずにどうやって読みやすい日本語にするか、というところに一番苦労しそうです。
あと、翻訳者が3人いるので、文体を揃えたりするのも結構大変な作業になりそうです。


とりあえず今はスピード重視で一通り訳してみて、それが終わってから読みやすさや翻訳の精度、文体の統一等を仕上げていこうと考えています。

奥の手?公開後に少しずつアップデートするのもアリかも

とはいえ、この本は電子書籍になるので、制作者(=僕たち)の好きなタイミングで内容をアップデートすることもできます。


仕上げに時間をかけすぎて公開時期を大幅に遅らせてしまうことより、ある程度のレベルに仕上がった時点で公開して、公開後に適宜アップデートを加えるのもアリかなと思っています。
もちろん、それに頼り切っていい加減なクオリティで公開してしまうのは論外ですけどね。


そもそもなんで翻訳しようと思ったの?

これまでに何度か「RSpecでRailsのテストを書く方法を勉強したいんですけど、何かいい方法はありませんか?」という質問を受けたことがあります。
そのたびに毎回「Everyday Rails Testing with RSpecはオススメですよ!でも英語版しかないんですよね~」という返答をしてきました。


「英語版しかない」という点がおそらく初心者のハードルを一段上げてしまいそうなので、この返答を


「Everyday Rails Testing with RSpecはオススメですよ!最近日本語版も出ましたしね!」


という返答に変えたいと思いました。
それが翻訳を始めようと思った動機です。


最終目標はRails/RSpecのスタンダードな教科書になること!?

最終的には日本全国のRailsプログラマから、「RSpecでRailsのテストを書く方法を勉強したい?じゃあこの本を読むといいよ!」と推薦されるような、Rails/RSpecのスタンダードな教科書になると嬉しいです。


原本の内容自体は十分にその価値があると思うので、あとは僕たち翻訳者がどれだけうまく原本の良さを損なわずに翻訳できるか、という点にかかってくると思っています。


まとめ

というわけで、これからしばらくはこの翻訳作業にかかりっきりになると思うので、ブログの更新も少なくなると思います。
「伊藤さん、最近ブログ更新せーへんなー」と思ったら、たぶんそういう理由なのでよろしくお願いします。


ではでは、翻訳作業を引き続きがんばりまーす!!

f:id:JunichiIto:20131006074951p:plain:w300