読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

give IT a try

プログラミング、リモートワーク、田舎暮らし、音楽、etc.

Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門(ベータ版)は2014年2月7日(金)に発売!!・・・するつもりです。

Ruby お知らせ Everyday Rails
2014.02.07 追記

発売しました!詳しくはこちらのエントリをご覧下さい。

 

2014.02.28追記: 正式版を公開しました。

おかげさまで無事に正式版を公開することができました。
詳しくはこちらのエントリをどうぞ。




これまでのあらすじ

現在僕はLeanpubから発売されている「Everyday Rails Testing with RSpec」という電子書籍の翻訳をやっています。


日本語版のタイトルは「Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門 ~テスト駆動開発の習得に向けた実践的アプローチ~」です。


前回はこちらのエントリで進捗を報告したので、これまでのあらすじを確認したい方はこちらをどうぞ。


日本語版のランディングページはこちらです。

f:id:JunichiIto:20140109075137p:plain:w500
 

進捗はどうですか?

はい、進捗はまずまず予定通りです。
現在は一度ラフに訳してみた翻訳を読みやすい日本語に書き直している最中です(翻訳業界では「リライト」っていうそうです)。
今朝の時点で12章中の9章までリライトが終わりました。あと残り3章です!

何か困ったことはありますか?

実はPDF版の日本語フォントで困っています。
現在Leanpubで使われているフォントは斜体やボールド(太字)がないので、英語版のフォントの使い分けを正しく反映できていません。
Leanpubの人と色々と交渉していますが、まだ継続中です。
無料で使えて商用利用OKなフォント(できれば明朝系で、斜体はなくてもいいが太字は欲しい)があれば教えて下さい~。


あとはまあ個人的な問題ですが、仕事やプライベートのタスクの合間を縫っての作業になるので、それなりに時間の確保が大変、という点でしょうか。
このあたりは翻訳者チームの中で負荷分散しながらやっていくしかないかなーと思っています。

ベータ版の発売日は2014年2月7日(金)、価格は$16.00(推奨$20.00)!

そんなわけでまだ全部の作業が終わったわけではないのですが、できれば2014年2月7日(金)に発売したいと考えています。
価格の方は$16.00(約1,600円)から購入できるようにします。


「$16.00から」という少し見慣れない価格設定になっているのは、実はLeanpubでは買い手が値段を決められるからです。
僕たちの推奨購入価格は$20.00(約2,000円)なのですが、必ずしもこの価格で購入しなくても良い、ということになっています。
逆にもっと払っても良いという方は$20.00以上払うこともできます。(確か$50.00が最高だったはず)


もちろん、高い価格で購入してもらえれば購入してもらうほど僕たち翻訳者チームの報酬額も増えるので、みなさんの「気持ち」を購入金額に反映してもらえると嬉しいです。よろしくお願いします!

そもそもベータ版って何よ?

前述の通り現在はリライト中ですが、これが終わったらすべて完成、というわけではありません。
この後は外部の技術者の方にレビューをお願いしたり、内部的にも誤字脱字等の細かいチェックを行って、もう一度内容をブラッシュアップする予定です。
これが完了すると、最初の完成版リリースになります。
完成版のリリースは2月末ぐらいを目標にしています。

「じゃあ、完成版まで待とうかな?」→ 待たなくても大丈夫です!

Leanpubは電子書籍オンリーのセルフパブリッシングサイトなので、いつでも更新版がリリースできるようになっています。
なので、ベータ版を購入してもらった方も無料で完成版をダウンロードすることが可能です。


そればかりでなく、原著のアップデートにも対応していく予定なので、RailsやRSpecのバージョンが上がっても無料で更新版をダウンロードできます。
なお、原著ではすでにRSpec 3.0やRails 4.1対応版の計画が持ち上がっています。

興味がある人はランディングページからメールアドレスの登録をお願いします!

「へ~、なんか面白そう」と思ってくれた方は、ぜひランディングページからメールアドレスを登録して下さい!
登録してもらえるとリリース時にアナウンスのメールをお知らせします。


また、メール登録者が増えると僕たち翻訳者チームのモチベーションもアップするので、「翻訳頑張ってねー」という気持ちで登録してもらえると嬉しいです。

f:id:JunichiIto:20140109075324p:plain:w500
 

で、そもそもどんな内容なん?

本書の内容については前回のエントリに書いたとおりです。
再掲すると、こんな技術者の方にオススメです。

  • 独学でRailsを開発している。
  • RSpecやテストの自動化に興味はあるが、やったことはない。もしくはテストは書いているが、本当にこれで良いのか確信がない。
  • モデルの簡単なテストならすぐ書けるが、モデル以外のテストやちょっと複雑なテストになると面倒になってつい避けてしまう。
  • 自分の周りに先生と呼べるような上級プログラマがない。良いテストを書くための参考になるプロジェクトもない。

 

詳しくは過去に書いたエントリを参考にしてみて下さい。

 

おわりに

できればひたすら翻訳作業に没頭したいのですが、それだと何をやっているのか外にはわからないと思うので、簡単に現在の状況や新情報を公開してみました。
引き続き頑張りますので、リリースされた際にはぜひ買ってやって下さい。
よろしくお願いします~!

f:id:JunichiIto:20140109075137p:plain:w500