give IT a try

プログラミング、リモートワーク、田舎暮らし、音楽、etc.

うわっ、僕も知らなかった!「日本人がよく間違えるおかしな英語」という本を読みました

はじめに

先日Twitterを見てたら、こんな本の話が上がっていました。

Funny English 1-2-3: Funny Mistakes Japanese Make in English (English Edition)

Funny English 1-2-3: Funny Mistakes Japanese Make in English (English Edition)

"Funny English 1-2-3: Funny Mistakes Japanese Make in English"というタイトルの洋書(Kindle本)です。
日本語に訳すなら「日本人がよく間違えるおかしな英語」、みたいな感じでしょうか。

この本はどうやら日本人に英会話を教えているネイティブの先生が書いた本のようです。

このシリーズは、アメリカ人である現役英会話講師により編集されました。
当英会話教師は、13年に渡り、あらゆるジャンルの日本人に英会話を教えています。
このシリーズにおいて集められている間違い例は、未だに学校の教科書に掲載されており、子供達に教えられ続けているのです。
そのため。上級者コースの生徒達ですら、間違った、あるいは、ネイティブは使わないような古くて不自然な英語を話してしまうのです。
このシリーズは、よりネイティブなアメリカ英語を話せるようにするために編集されているため、イギリス英語とは多少の違いがありますが、基本的には、すべての英語圏において通用します。

著者についての詳細

僕は英語にはまあまあ自信がある方ですが、「日本人がよく間違えるおかしな英語」をまったく間違えない自信はありません。
というわけで、Kindle本を購入して読んでみました。
たった297円なので、あまり躊躇せずに買える値段です。

「たしかにこれは間違えるわ!」という例文がいっぱい!

本文は全編英語で書かれているのですが、著者の方はおそらく日本人を読者として想定しているので、難しい英語は出てきません。
わかりやすい英会話の例題を使って、何がおかしいのか、どう言えば正しいのかを丁寧に教えてくれます。

たとえば、第1章と第2章では"had better"と"troublesome"の間違った使い方を説明してくれます。
で、冒頭からいきなり「うわっ、そうやったん!?そんな英語習ったことないわ・・・」という気持ちになってしまいました。

"had better"は「~した方が良い」、"troublesome"は「やっかいな、面倒な」みたいに習いましたが、ネイティブの人から言うとこれは全然ダメな使い方のようです。

"had better"は「~した方が良い」!?

"had better"は「警告の意味が含まれる強いアドバイス」を意味するらしく、「You had better wear a helmet(ヘルメットを付けた方がいい、さもないとケガをするぞ)」のように使うのが正しい使い方だそうです。

なので、"You had better go to Yoyogi Park."と言うと、「さっさと代々木公園に行った方がいい、さもないと大変な事が起きるぞ!」というニュアンスになってしまうようです。(ひえ~)
普通に行くことをオススメするなら、"You should go to Yoyogi Park."のように、"should"を使うのがいいみたいです。

"troublesome"は「面倒くさい」!?

「やっかいな、面倒な」という日本語を和英辞典で引くと"troublesome"という単語が載っています。
なので、日本人は「私の上司は面倒くさい」という文章を"My boss is troublesome."と訳しがちです。
しかし、現代英語では"troublesome"が口語で使われることは滅多にないらしく、こういうケースは"My boss is a pain."と話す方がいいそうです。

ちなみに、オンライン辞書で「面倒くさい」を引いてみたところ、しっかり"troublesome"が出てきました・・・。

面倒くさいの英語・英訳 - 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書
f:id:JunichiIto:20160820162000p:plain

こんな感じで30個の例題が出てきます

他にも「へ~、それは知らなかった!」「ああ、確かにこれは日本人が間違えそうだわ~」と思うような例題がたくさん載っていました。
ひとつずつここで詳細を説明するわけにはいかないので、目次だけ載せておきます。
(日本語訳は僕が勝手に付けたものです)

  1. 代々木公園には行った方がいいですよ。 (You had better go to Yoyogi Park.)
  2. 私の上司は面倒くさい。 (My boss is troublesome.)
  3. ビールは飲めますか? (Can you drink beer?)
  4. 彼女の名前を教えてください。 (Teach me her name.)
  5. ビールを箱買いしておきますね。 (I'll buy a carton of beer.)
  6. 昨夜のカミナリ、見た? (Did you see the thunder last night?)
  7. 私は満点を取りました。 (I got a full score.)
  8. 休暇中に泳ぎに行ったんですか? (Did you go swimming while vacation?)
  9. このコーヒーはサービスですよ。 (The coffee is service.)
  10. 私は犬を飼っていました。 (I had dog.)
  11. 私は8時までに出勤しなければいけません。 (I should be at work by 8 AM.)
  12. コンセントを使いたいんです。 (I need a consent.)
  13. 私のアパートはフローリングになってるんですよ。 (My apartment has flooring.)
  14. トランプは好きですか? (Do you like trump?)
  15. 彼は病気で死んだ。 (He died for a disease.)
  16. ああ、"キャリオキー"のことですね。 (Ah, you mean, "karaoke"?)
  17. あなたはどう思いますか? (How do you think?)
  18. 私は靴を盗まれた。 (I was stolen my shoes.)
  19. 彼女は右側の女性です。 (She's the right woman)
  20. 私は深夜まで起きていました。 (I stayed up till midnight)
  21. ニューヨークに行くことをオススメします。 (I recommend you to go to New York.)
  22. 今夜は退屈してるんです。 (I am so boring tonight.)
  23. 彼女の性格はどんな感じですか? (What's her character like?)
  24. ほとんどみんな飲みに行きました。 (We almost went drinking.)
  25. 私はセーフティドライバーです。 (I'm a safety driver.)
  26. 披露宴はどこで行われたんですか?ホテルですか? (Where was the wedding party—at a hotel?)
  27. この中で短パンを履いているのが私です。 (I'm wearing short pants in this one.)
  28. 我々はこのロイヤリティプログラムを大きくアップグレードすべきだと思う。 (I think we should significantly upgrade our loyality program.)
  29. ええ、しませんでした。 (Yes, I didn't.)
  30. 北海道に旅行したことを覚えています。 (I remember tripping Hokkaido)

さて、あなたはここに出てきている日本語を、全部正しい英語に直すことができますか?

「今使われているアメリカ英語」にフォーカスしています

この本は「今使われているアメリカ英語」にフォーカスしています。
どれくらい新しいのかというと、14章の「トランプは好きですか?」で「アメリカ大統領候補のドナルド・トランプ」が出てくるぐらい新しいです。
「最新のアメリカ英語と言いながら、実は20年前の本だった」ということはないのでご心配なく。

発音の話題も出てきます

文法や単語の話だけでなく、日本人が間違えやすい英語の発音の話題も出てきます。
たとえば第16章の「キャリオキー」と第28章の「ロイヤリティプログラム」が発音に関連する例題です。

僕は2時間ぐらいで読み終わりました

ボリュームはそれほど多くないです。
日本人向けに書かれた平易な英語なので、結構サクサク読めます。
僕は2時間ぐらいで読み終わりました。

ちなみに僕はKindleの"Text to speech"機能を使って、英文を聞きながら読んでいきました。

f:id:JunichiIto:20160820160449j:plain

続編も出版されています

「Funny English 1-2-3」の続編として「Funny English 4-5-6」も発売されています。
こちらはまだ読んでいませんが、とりあえず購入だけはしておきました。

Funny English 4-5-6: Funny Mistakes Japanese Make in English (English Edition)

Funny English 4-5-6: Funny Mistakes Japanese Make in English (English Edition)

まとめ

というわけで、今回のエントリでは僕が読んだ"Funny English 1-2-3: Funny Mistakes Japanese Make in English"という本を紹介しました。
Kindle本は別にKindleの端末がなくても、PCやスマホで読むこともできます。

「英語力をもっと上げたい!」「知らずに変な英語をしゃべってないか気になる・・・」という方はぜひチェックしてみてください!

Funny English 1-2-3: Funny Mistakes Japanese Make in English (English Edition)

Funny English 1-2-3: Funny Mistakes Japanese Make in English (English Edition)

あわせて読みたい

過去に書いた英語関連のエントリです。
こちらもよかったらどうぞ。