give IT a try

プログラミング、リモートワーク、田舎暮らし、音楽、etc.

【翻訳】「Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門」の2017年版アップデートについて

はじめに

先日、僕が翻訳をしている電子書籍「Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門」の英語版が大幅にアップデートされました。

アップデートの内容は原著者のAaronさんが自身のブログで説明しています。

そこで、このエントリでは日本語版の読者のみなさんに向けて、上記ブログの内容を翻訳します。

備考

2017年6月時点ではまだ英語版しかアップデートされていない点に注意してください。
日本語版も早めにアップデートする予定ですが、現時点では具体的なスケジュールは未定です。

「Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門」の2017年版アップデートについて

みなさん、新しくなった「Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門(英語版)」がついに公開されました。これまでのアップデートとは異なり、今回は本書を全面的に書き直しています。ハイライトとなる変更点をいくつか挙げてみましょう。

  • RSpec 3.6Rails 5.1が対象になりました。
  • サンプルアプリケーションを新しく作り直しました。
  • コントローラスペックの内容を全面的に見直しました。
  • APIテストの内容を拡充しました。

いや、もっと大事なポイントはRSpecやRails特有の機能を紹介している点よりも、以前に比べて進歩した私のテストに関する考え方が本書に反映されていることかもしれません。ですので、過去に本書を読んだことがある人もきっと新たな発見があるはずです。あ、そうそう、今回のアップデートも無料ですよ!これは過去に本書を購入してくれたみなさんへの感謝の気持ちです。まだ入手していない人はLeanpubのライブラリページへアクセスして最新バージョンをダウンロードしてください。(訳注:これは英語版を購入している場合の話です。)

リーンパブリッシングの精神(訳注:後述します)にのっとり、まずは最初の7章だけを公開しました。残りの章は数週間以内に書き上げてリリースする予定です。残りの章の内容は以下のとおりです。

  • DRY原則をテストに適用する新しい章を追加します。
  • テストを個別に実行するテクニックを紹介する新しい章を追加します。
  • 外部APIを利用するアプリケーションのテストやEメールのテスト、ファイルアップロードのテストなど、残りのテクニックに関する説明をアップデートします。
  • テスト駆動開発をチュートリアル形式で説明します。

それまでの間、本書の内容に誤りを見つけたら、サンプルコードのGitHubリポジトリにissueを登録して私に教えてください。

最後に、もしよかったらこのアップデートに関する情報をどんどんシェアしてもらえると大変ありがたいです。本書の売上げがもうすぐ6000部に届きそうなので(訳注:これは英語版の数字です)、最後の章を書き終えるまでに6000部を超えられれば嬉しいです。

繰り返しになりますが、みなさんのサポートに大変感謝します。みなさん、新しくなった本書をどうぞ楽しんでください。

(翻訳ここまで)

参考:リーンパブリッシングとは

Everyday RailsはLeanpubという電子書籍出版サービスで販売されています。Leanpubでは最後まで全部書き上げてからリリースするよりも、執筆途中の本でもこまめにリリースし、読者のフィードバックをもらいながら本を書き上げていくスタイルを推奨しています。この執筆スタイルのことをLeanpubではリーンパブリッシングと呼んでいます。

まとめ

というわけで、このエントリでは「Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門」の大幅アップデートに関する情報を紹介しました。
具体的なスケジュールはまだ立っていませんが、日本語版も早々に無料アップデートする予定ですので、どうぞご期待ください。

まだ購入していない方は以下のページにて日本語版が購入できます。
今購入してもちゃんとあとから無料アップデートできますのでご心配なく!!

Everyday Rails - RSpecによるRailsテスト入門

おまけ

僕も新しいサンプルアプリケーションのUIデザインを少しお手伝いしました😉

さよならエネループ!Magic Trackpad 2を購入しました

先日、僕の仕事場を紹介するこんなエントリを公開しました。

その中で、仕事道具の一つであるMagic Trackpadについて、僕はこんな感想を書いていました。

メインキーボードはMac本体のキーボードではなくHHKBなので、Magic Trackpadを併用しています。
仕事やらプライベートやらで1日中使っていると、1週間ぐらいで電池(エネループ)が切れちゃうのがちょっと面倒ですね。

で、このときは気づいていなかったんですが、Magic Trackpadって今は新しくなってるんですね。

このMagic Trackpad 2、乾電池じゃなくてiPhoneみたいにLightningケーブルで本体に直接充電できるようになってます。

つまり、電池の交換がいらない!
ケーブルを挿すだけで充電OK!
これだー!!

というわけで、早速購入しました。Magic Trackpad 2。

f:id:JunichiIto:20170621063302j:plain

ほら、Lightningケーブルで充電できちゃいます。
もういちいちエネループを交換しなくてよくなった!

f:id:JunichiIto:20170621063339j:plain

旧モデルに比べると、厚みは薄く、横幅は広くなってます。
あと、本体の色がシルバーからホワイトに変わっています。

f:id:JunichiIto:20170621063450j:plain

使い心地は旧モデルとそこまで劇的な差はないのですが(一応感圧タッチにはなってるけど、日常的に使う分には大差がない)、面倒だった週一の電池交換がなくなったのは非常にありがたいです。

発売されてから1年以上経ってるので、「そんなんとっくの昔に知ってるわ!」という人も多いかもしれませんが、もしまだ知らない人がいたら電池交換不要なMagic Trackpad 2の購入を検討してみてください!

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

あわせて読みたい

リモートワークをやってる僕の自宅の仕事場を紹介しているエントリです。
こちらもよかったらどうぞ。

麻酔が怖い

「奥の方に虫歯ができてますねー。歯茎がかぶって削りにくい場所に虫歯があるので、歯茎を切ってから虫歯の処置しますね。」

・・・と2週間前の定期チェックで言われて、今朝その治療のために歯医者に行ってきました。

歯茎を切るって!歯茎は切るためにあるんとちゃうで!!

と心の中でツッコんでいましたが、そんなこと言ったって治療方針に変わりはないと思うので、今日は「まな板の上の鯉」になって診察台に座っていました。


「じゃあ麻酔を打ちますね-」

と言われて、口の中に麻酔を打たれる。

麻酔を打ってる最中はたまにチクッとするけど、がまんできない痛さではない。

麻酔が効くまで10分ほど待って、治療が始まる。

すでに麻酔が効いているので、別に痛くはない・・・


が、僕は麻酔が大の苦手です!!


「え、麻酔してたら痛くないやん?」

ってよく言われたりしますが、、僕は

「痛くはないけど、実際は今めっちゃ痛いことされている恐怖」

におびえてしまうのです!!

「これ、麻酔がなかったらめちゃくちゃ痛いんやで!?」という、その痛みをつい想像してしまって、めちゃくちゃ身体に力が入ってしまうんです!!

今日も「できるだけ何も考えないように、何も考えないように・・・」と思いながら診察台に座りましたが、治療が始まったら無理でした。

口の中で聞こえる、パチンパチンという何かハサミで切るような音。

「もしかして、これって歯茎を切ってる音!?」とか考えてしまったらもう無理むりムリ!!
(ちなみに注射やら何やらが見えると余計怖いので、目は絶対に開けません)

変な脂汗はかくわ、両手で強く握りこぶしを作ってしまうわで、もう大変でした。(心の中では)

すぐ終わればまだ良かったものの、結局全部で1時間半ぐらいかかりました。

あー、長かった。。おかげで精神上のマジックポイントがほぼゼロになりました。


うーん、やっぱり麻酔は苦手です。

いや、「麻酔無しでやる?」って聞かれたら、それはそれで絶対無理なんですけど、麻酔は麻酔ですごく怖い。

僕の周りでは「麻酔が怖い」とか「麻酔が効いてても、元の痛みを想像してしまう」っていう人は聞いたことがないんですが、他に誰かいますかね??

元の痛みを想像する人なんて、僕ぐらいなのかな~。。。
「自分も同じです!!」っていう人がもしいたら教えてください。

あわせて読みたい

そういえば胃カメラも麻酔使うんですよね。
しかも麻酔を口の中に入れて最後に飲み込むという・・・😱
blog.jnito.com