読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

give IT a try

プログラミング、リモートワーク、田舎暮らし、音楽、etc.

2013年11月16日、DevLOVE関西 ~Decision~ で@kuranukiとトークセッションします!#devlove #DevKan

お知らせ

お知らせ

関西に住むITエンジニアのためのイベント、DevLOVE関西 ~Decision~でお話しさせてもらうことになりました。


とき
2013/11/16 (土) 10:30 - 18:30 (タイムテーブルは未定)
場所
TIS大阪本社(パシフィックマークス江坂 19Fセミナールーム)
参加費
1,500円(本編のみの場合) 

 

セッションのタイトル

プログラマから経営者へ変わる決断と、プログラマを一生の仕事にする決断


登壇者

 

セッションの概要

ベンチャーからSIerに就職し、アジャイルに出会い、業界を変えるためにプログラマから経営者になった男。


そして、地方の社内SEから、プログラマを一生の仕事にするという会社に入り、高みを目指すため働き方を変えた男。


「納品のない受託開発」という新しいビジネスモデルを展開するソニックガーデンという会社で働く私たちが、そこに至るまでの道筋と決断、そして、中の人から見た働き方の真実と、そこで下した決断について、お話します。


本セッションでは、ソニックガーデンを経営する倉貫と、プログラマである伊藤とのトークセッション形式で、お互いの決断と、その決断の理由について、語り尽くします。自分のキャリアの次を考えている方、悩んでいる方にとっての指針となるような内容を目指しますので、ご参加ください。


DevLOVE関西 ~Decision~とは

 自分でビジネスを始めた人、1つの所に留まっている人、また経営の道、マネージャーの道、エンジニアの道それぞれ歩んでいる人。


色々な道がありますが、そこに至るまで「決断の連続」だったはずです。


 「スゴイ」と言われる人も多くの人と同じように「経験を積む」機会はそれほど変わらなかったはずです。


違いがあるとすれば、ちょっとした勇気を出して、経験という実を取りに行ったか、その経験という実からどれだけ吸い尽くせたか、その吸い尽くした経験を次にどう活かせたか、そしてそれを続けてきたか、ということです。


今回の「DevLOVE関西 ~Decision~」では、「決断」をしてきた人の話を聞き、参加者皆さんそれぞれのこれまでの決断、そしてこれからの決断を考えてみたいと思います。


 

内容についての捕捉

今回は最初から最後までスライドを見ながらお話しするのではなく、僕が倉貫さんに質問したり、逆に倉貫さんが僕に質問したりしながら、その場でお互いのこれまでの決断(Decision)を聞き出していくセッションにする予定です。
また、ソニックガーデンに入ってみてわかったこと、気付いたことなどについてもお話ししようと考えています。


基本的にアドリブでトークします。
アドリブ力の高い倉貫さんはともかく、アドリブ力のあまり高くない僕はいったいどうしようかと思っております。
もしグダグダになってしまったら、みなさん生暖かい目で見守って下さい(苦笑)。


登壇が決まるまでの裏話

実はもともと、倉貫さんだけが登壇する予定でした。
ところが、先日倉貫さんとDevLOVE関西の中村洋さん(@yohhatu)と大阪で飲んだときに、ソニックガーデンの仕事の話とかをしてたら「そういう話を今度のDevLOVEで話せばええんとちゃうん?」みたいな話になり、倉貫さんも「普段とは違う発表がしたい」と言い出して、「じゃあ、二人で登壇してみるか!」という運びになりました。


いやあ、こんな適当に巻き込まれちゃって良いのでしょうか?
まあ、イベントの主催者がOKだっていうんだから良いのでしょう!


f:id:JunichiIto:20130829094743j:plain:w400


ちなみに、この飲み会の話は別のエントリでも書いています。


こうして僕は一歩先を見据えて発言できるようになった - give IT a try


まとめ

というわけで、みなさんのご参加をお待ちしております!!
ぜひ申込みしてくださいね!

DevLOVE関西 ~Decision~ - DevLOVE関西 | Doorkeeper


あわせて読みたい

初めて人前で発表してきました #DevKan - give IT a try
去年のDevLOVE関西でも発表させてもらいました。
今年のDevLOVE関西では、この後日談となるような話も登場するはずです。