読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

give IT a try

プログラミング、リモートワーク、田舎暮らし、音楽、etc.

神戸新聞北播版の朝刊に在宅勤務に関する取材記事が掲載されました(2014年2月23日)

お知らせ リモート勤務

お知らせ

ひょんなことから、新聞記者の方とお知り合いになり、僕の在宅勤務(リモート勤務)に関する記事を掲載してもらいました。


f:id:JunichiIto:20140224080242j:plain:w400


新聞と言っても、おそらく兵庫県民ぐらいしか読んでないであろう神戸新聞の、さらに地方面の一紙面、ということで、実際の新聞を手にとって記事を読める人はごく限られた人だけになると思います。


ですが、ほぼ同じ内容がネットにも載っているので、興味のある方はぜひそちらをご覧になって下さい。

神戸新聞NEXT|北播|東京の企業に自宅勤務 独自の働き方実現 西脇の男性
f:id:JunichiIto:20140223035645p:plain:w500


ただし、ネットの記事は一定の期間が過ぎると消えてしまうそうなので、数ヶ月後にアクセスするとなくなっているかもしれません。その場合は悪しからず。

いきさつをもうちょっと詳しく

記事にしてもらったきっかけは、


たまたま記者の方が妻のパン屋のお客さんとして店に来られていた
 ↓
お客さんとして雑談しているうちに「旦那さんの仕事の話も聞いてみたい」と言われた
 ↓
僕も記者の方とお会いして話してみたところ、「とてもユニークな働き方なので、ぜひ西脇の人たちに知ってもらいたい」ということになり、正式に取材を受けることになった


という感じです。

パン屋って何?西脇って何??という方のために、もう少し詳しく

コンテキストを知らないと通じない話もあると思うので、一応書いておきますね。

 

ネットだけじゃなく、身近な人々にも知ってもらいたい

確かに今までも、My Desk and Teamさんにweb記事を書いてもらったり、ジャーナリストの佐々木俊尚さんにメルマガを書いてもらったりしたことはありましたが、おそらく地元・西脇市の人で読んでいる人はほとんどいないだろうな~と思っていました。


もちろん、ネットで全国の様々な人に知ってもらうことも大事なのですが、もっと身近な場所でも「そんな働き方もできるんだ」ということを知ってもらえたら、とは前々から感じていました。
なので今回、新聞記者の方から「ネットの人たちではなく、地元の人たちに伊藤さんの働き方をわかりやすく伝えたい」と言ってもらえたのは非常にラッキーでした。


ただ、この「わかりやすく」という点がとって非常に大変だったようで、記者の方は「予備知識のない人たちに限られた紙面で、どう書けば伊藤さんの仕事の内容や働き方をうまく伝えられるだろうか」と非常に苦心されていました(苦笑)。


しかし、さすがプロの記者、短い文章の中でうまく僕の仕事内容をかみ砕いて記事にしていただけたと思います。
どうもありがとうございました!

おわりに: 「実例」を公開してハードルを下げる

リモートで働けることを知ったからといって、誰もがすぐにリモート勤務を実現できるわけではありません。
しかし、それでも徐々に「うちでもリモート勤務やってます」という声を耳にする機会が増えてきました。


リモート勤務を支える技術は十分に発達してきているので、後は働く側と雇う側の心理的なハードルをどうやって下げるか、ということだけがリモート勤務を実現するためのポイントになってくると思います。


僕のように子どもを伸び伸びと育てたいので地方に住みたい、と思う人もいれば、そろそろ両親の年齢が気になるので実家に戻りたい、と思う人もいると思います。
そんなときに「仕事がネックで地方には行けない」となるのではなく、「じゃあ地方に住んでリモートで働けばいいじゃん」と気軽に選択できるようになれば、もっと幸せな働き方がたくさん増えてくるのではないでしょうか?


そうするためにも、リモート勤務実践者から「実例」をどんどん公開して、「こんな選択肢もあるんだ」「やればできるんだ」ということを多くの人に知ってもらうことは大事なことだと思っています。


というわけで、僕も引き続き「実例」を発信していきますので、興味がある方は時々ブログをチェックしてみて下さい!
(はてなユーザーの方は当ブログの「読者になる」ボタンを使うと便利です)


あわせて読みたい

そういえば最近、37signals改めBasecampからリモート勤務に関する本が発売されました。
僕も英語版をさらっと読みましたが、同じリモート勤務者として「うんうん、確かにそうだよねー」と頷ける内容が多かったです。
「リモート勤務を実現するためには何が必要なんだろう?」と考えている人には参考になるんじゃないかと思います。

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

  • 作者: ジェイソン・フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン,高橋璃子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/01/24
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (3件) を見る


以下は僕のリモート勤務の様子を自分で紹介したり、他の人に書いてもらったりしたweb記事のあれこれです。


西脇でリモート勤務している方はなんと僕以外にもいます。